スポンサーリンク

萱和磨エースの自覚、6位も今大会18演技やり抜く

【シュツットガルト=阿部健吾】男子個人総合決勝が行われ、萱和磨(22=セントラルスポーツ)は6種目合計85・899点で昨年に続く6位だった。予選、団体決勝に続く3度目の6種目というタフな日程を乗り切った。昨年3位のニキータ・ナゴルニー(…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
萱和磨エースの自覚、6位も今大会18演技やり抜く

タイトルとURLをコピーしました