スポンサーリンク

88年“ブライアン対決”平松純子審判が貫いた信念

日本のフィギュアスケーターや指導者、スケート界の発展に尽力した功労者が、心を動かされた演技を振り返る連載「色あせぬ煌(きら)めき」。第5回は国際スケート連盟(ISU)名誉委員を務める平松純子さん(77)。現役時代に2度の五輪出場を果たし…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
88年“ブライアン対決”平松純子審判が貫いた信念

タイトルとURLをコピーしました