スポンサーリンク

甲斐野が侍初登板で初勝利「逆に緊張しないとダメ」

日刊スポーツ

ルーキーの侍ジャパン甲斐野央投手が、勝利をもたらした。2点を追う8回に5番手で登板。1イニングを3者凡退に仕留めた。 「こういう試合展開、粘り強く、何とか投げることで、流れは来ると思っていた」。言葉どおりに打線が直後に6点を奪い、侍ジャ…
Source: 日刊スポーツ(野球)
甲斐野が侍初登板で初勝利「逆に緊張しないとダメ」

タイトルとURLをコピーしました