スポンサーリンク

何でもマン振りは厳しい、これぞ国際大会/篠塚和典

日刊スポーツ

私は第2回WBCで打撃コーチを務め、優勝を経験した。その時も感じたが、やはり初戦は難しい。侍ジャパンには「勝たなければならない」という重圧がある上、あの2度目のWBC以来、世界大会で優勝していない。その分、プレッシャーが大きくなっている…
Source: 日刊スポーツ(野球)
何でもマン振りは厳しい、これぞ国際大会/篠塚和典

タイトルとURLをコピーしました