スポンサーリンク

侍山口4回1失点で降板、併殺崩れで先制許す

日刊スポーツ

侍ジャパン先発の山口俊投手(32)は、4回77球5安打1失点でマウンドを降りた。3回まで0-0の投手戦の展開。4回に単打と四球が絡み、1死満塁のピンチを招くと、併殺崩れの間に1点を失った。
Source: 日刊スポーツ(野球)
侍山口4回1失点で降板、併殺崩れで先制許す

タイトルとURLをコピーしました