日刊スポーツ

複合男子団体4位、首位30秒差スタート逆転ならず

複合男子団体の日本は4位だった。 永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗(北野建設)渡部暁斗(北野建設)山本涼太(長野日野自動車)の4人で臨んだ。 前半の飛躍(ヒルサイズ=HS106メートル)は3位。 後半の距離(20キロ)を、首位オースト… ...
日刊スポーツ

市原京急カントリークラブ 後編

どーもです。千葉・市原京急カントリークラブのラウンドレポ-後編です。前半は5オーバー「41」の15パット。珍しくすべてがかみ合っているようなイメージもありましたが、それでも30台は出せませんでした。この調子が維持できれば、90切りは・・… ...
日刊スポーツ

広島1位栗林が守護神名乗り、3位大道との競争歓迎

広島佐々岡真司監督(53)がドラフト1位栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)のリリーフ起用を明言した。 沖縄キャンプ最終実戦となった日本ハムとの練習試合(名護)で適性テストとして9回を託し、右腕も注文通りの3人斬りで応えた。指揮官は同3位… ...
日刊スポーツ

阪神佐藤輝明規格外パワー、平凡?飛球が頭上越えた

阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21=近大)が、規格外のパワーで26日の開幕戦で対戦するツバメ倒デモを敢行した。 キャンプ最終実戦のヤクルトとの練習試合(浦添)に3番左翼で出場。その第1打席で、高々と上げた飛球を左翼手に浅い左飛と勘違… ...
日刊スポーツ

広島鈴木誠也が日本ハム戦欠場「歩けるので大丈夫」

広島鈴木誠也外野手は死球の影響で日本ハム戦を欠場した。 右膝付近に受けて途中交代した巨人戦から一夜明け、コザしんきんスタジアムの残留組に合流して室内練習場でウエートトレーニング。笑顔で「痛いっす。歩けるので大丈夫です」と話し、佐々岡監督… ...
Googleニュース

島根県の山林で火災が発生「人が燃えている」と119番通報 – livedoor

島根県の山林で火災が発生「人が燃えている」と119番通報livedoor Source: Googleニュース 島根県の山林で火災が発生「人が燃えている」と119番通報 - livedoor
日刊スポーツ

広島松山が右翼ネット突き刺す特大弾 マルチも出た

対外試合2試合連続で4番に座った広島松山竜平外野手が、豪快な今季実戦1号2ランを放った。 初回2死二塁から、日本ハムのドラフト1位伊藤の初球、内角高めを捉え、右翼の防球ネットに突き刺す特大2ラン。前日27日の巨人戦は直球を捉えきれず2打… ...
日刊スポーツ

広島正随「打つ方でアピール」1発含む2安打3打点

広島3年目の正隨優弥外野手が1発を含む2安打3打点で開幕1軍を猛アピールした。 8番右翼で出場。7回の第3打席で村田の変化球をたたき、左中間へアーチを描いた。8回1死一、三塁では宮西の初球の真っすぐを捉え、左前に適時打もマーク。 25日… ...
日刊スポーツ

阪神エドワーズ1回無失点「ゾーンの中投げられた」

阪神のセットアッパー候補、2年目ジョン・エドワーズ投手は、21年初実戦を無失点で終えた。 ヤクルト戦の5回に登板。先頭の9番中山を横曲がりのスライダーで見逃し三振に仕留めるなど、1イニングを1安打0封した。「しっかりゾーンの中に投げられ… ...
日刊スポーツ

阪神ガンケル、初実戦は2回無失点でローテ名乗り

21年初実戦の阪神ジョー・ガンケル投手が先発ローテに名乗りを上げた。 2番手として3回から登板。先頭の塩見をこの日の最速148キロ直球で空振り三振。2死から連打を浴び2死一、三塁のピンチをつくったが、5番内川を詰まらせた二ゴロに仕留めた… ...
日刊スポーツ

阪神2位伊藤将1回0封、監督「次はもう少し長く」

開幕ローテを目指す阪神ドラフト2位の伊藤将司投手(24=JR東日本)が、対外試合デビューで1回1安打無失点に抑えた。「レベルの高い打者と対戦できて、少し緊張した。球速は出てないが、しっかり指にかかった真っすぐがいっていたのはよかった」。… ...
日刊スポーツ

富士通監督、日本新の鈴木健吾は「暑さにも強い」

「最後のびわ湖」を鈴木健吾(25=富士通)が日本新記録で制した。2時間4分56秒で初優勝を果たし、大迫傑(ナイキ)が20年東京マラソンでマークした日本記録の2時間5分29秒を更新した。    ◇   ◇   ◇ 鈴木を指導する富士通の福… ...
日刊スポーツ

内藤は飯伏に連敗「IWGPの名を残したかった」

メインイベントのIWGPインターコンチネンタル選手権試合で、挑戦者内藤哲也(38)がIWGPヘビー級王座も同時保持する王者飯伏幸太(38)に敗れた。 1・4東京ドーム大会に続き、飯伏に2連敗となった。最後は王者必殺のカミゴェでフォール負… ...
日刊スポーツ

中日大島、楽天早川から安打も「新人とは思えない」

12年目中日大島洋平外野手(35)が1番中堅で先発し今季実戦初安打を放った。 初回に楽天早川の直球を左前に流し打ち「詰まったけれど、いいところに落ちてくれた」。ドラ1左腕について、2年連続最多安打の好打者は「キレのいい球で、新人とは思え… ...
日刊スポーツ

町田OGで先制許すも「強い気持ちで」勝ち点1

ドロー発進となったFC町田ゼルビアのポポビッチ監督は試合後、「満足していないとは言えないけど、満足とも言えない」と複雑な感想を述べた。 前半はいい形で前線へ運ぶ場面が多かったが、決定的なシュートは少なかった。後半は押し込まれる時間帯も長… ...
日刊スポーツ

秋田はJ2初陣飾れず「ポジティブに」斎藤が初得点

昨季J3を制して初昇格のブラウブリッツ秋田は、アウェーでザスパクサツ群馬に1-2で惜敗。それでも前半24分、FW斎藤恵太(27)が自身2年連続の開幕弾を決め、クラブ史上J2初得点を記録した。    ◇   ◇   ◇ 秋田はJ2初陣で勝… ...
タイトルとURLをコピーしました